So-net無料ブログ作成
検索選択

アウトドア フィシングアクセサリーアウトドア用品 [アウトドア]

[アウトドア用品 フィシングアクセサリー]

【自然の観察】

自然の生き物たちのライブステージは、いつも新鮮な驚きでいっぱいだ。
山歩きの途中で足を屯めて道端の花を見る。
休憩ついでに座り込んで視点を変えると、思いもしない花の表情や美しさに気づいたりする。

森の中で巨木に出合うと、幹をさすりながら思わず話しかけてみたくなるものだ。
タックルからツール、本、DVDまで何でも揃う♪

多種多様な虫の世界が観察できるのが昆虫ウオッチング。
野山にはアゲハチョウが優雅に舞い、空にはトンボが飛び交う。
足元にはバッタが跳ね、木には樹液を吸うカブトムシが群がる。
虫メガネで観察すれば、昆虫が身にまとう極彩色の衣に驚くばかり。

海でも山でも、また橿でも夜でも、昆虫たちの不思議な生態はいくらでも観察できる。
フラットフィッシュ/海釣り

森での野生動物との出合いは劇的な体験だ。
ムササビやリス、ウサギなどの小動物や、カモシカや熊などの大型哺乳類まで、森にはさまざまな野生動物が生息している。
ほとんどの動物は夜行性で人前に姿を見せないが、
森のけもの道では突然の出合いの幸運に恵まれることもある

動物に比べて野鳥は鳴き声が手がかりになる分、観察しやすい。 
空を悠然と飛ぶトビやタカ、湖で羽根を休めるハクチョウなどはわかりやすく双眼鏡で姿を追いやすい。
それに比べて、森の樹間を飛び交う小さな野鳥を識別するには、ある程度の経験が必要だ。

ホエ-ルウオッチングのツアーに参加して、海でクジラに遭遇する体験も強烈だ。
こんな大きな生き物が地球上にいたのかという素朴な感動。
その生物が人と敵対することのない、知的で友好的な生き物だという驚き。
ホエールウオッチングが体験できるのは小笠原や高知、北海道など。一度体験すれば、巨大生物を通じて、自然のスケールの大きさが実感できる。
シーバス、エギング、ジギングならナチュラムで!

夜空にも宝物が散らばっている。
アウトドアで夜空を見土げれば、いかにふだんの生活で星を見る機会が少ないかに思い当たるはず。街の灯が瞬く場所では、星の輝きは人の心を動かさない。
街の灯が届かない大自然の中で、星々は夜空で煌々と輝きその存在を主張する。
星座を探して、その星の紡ぐ神話や物語に思いを馳せる。
アウトドアでのスターウオッチングは、人を遥かな異次元の世界へと導いてくれる。

アウトドアでは工夫次第でおもしろい遊びができる。
特に子どもは遊びの天才。
山や海辺に落ちている自然の素材や地形をうまく利用して、自分だけの遊びのフィーールドを作ってみたい。
森で大きな本の葉を見つけたらお面を作ってみよう。
フキの葉やほうの本の葉がちょうどいい大きさだ。
葉っぱのお面をつけて森を歩けば、山の本に棲む精霊の気分だ。
秋ならさまざまな色と形の本の葉を集めて、少し濡らして車のガラス窓に貼り付けてみよう。
センス次第でりっばなアートになる。
トラウト、フライフィッシングならナチュラム! ツール類も充実!

形がよくてじょうぶな葉っぱなら、その葉はそのままハガキになる。
葉の裏に絵や文を書いて表に切手を貼れば、自然のテイストいっぱいの山からの使りに。
葉っぱでも切手を貼ればちやんと配達してもらえるのだ。

浜に流れ着いた流木や森の本の枝はネイチャークラフトの材料に。
枝にはさまざまな太さと形があり、見れば見るほど創迫力を刺激する。
素材の形を活かすのがポイントで、動物や昆虫の形に枝を組み合わせたり、額や椅子などのインテリアグッズを作ったり。
アウトドア&スポーツ ナチュラム クロダイ

▼トラブル別対処法
遊びのパラダイスのフイールドは、実際は常に危険と隣り合わせ。
天候の急変、落石などの地形そのものの危険、動植物による危険、そしてキャンプ中のやけどやアウトドアスポーツでのケガなど。
遊びに夢中になるあまり、無理をして体調を崩すことも多い。
まず病気やケガを未然に防ぐ工夫とよ意力を養おう。
それでもトラブルが起こったで状況をさらに悪化させないよう
湿布薬
・胃腸薬(キャンプでは飲み過ぎと食べ過ぎが多発)
・体温計、湿布薬
・日焼け止め(海辺)、リップクリーム (冬山)
 フールドでは切り傷、すり傷が多い。MTBでの転倒や、木の枝との接触。
ナイフの使用中の傷、テント設常時の傷、クッキングの際の傷など。
軽い傷でもそのままにせず、すぐに傷口の汚れを水遠水で洗い流してから、消毒液で充分に殺菌しよう。
野外ではばい菌が傷口から侵入しやすく、化膿しやすいので、早めの処置が大切だ。
消毒したら小さな傷は絆創膏、絆創膏では覆いきれないすり傷はガーゼを当てて包帯かテープで固定する。
すり傷をいくつも作ってくるチビッコのいるファミリーーは、ひと吹きするだけのドライスプレーが必携品だ。
切り傷が深くて出血がなかなか止まらない場合は、まず傷口をガーゼなどで直接押さえて止血する。
それでも止まらない場合は、傷口より心臓に近い部分を布などできつく縛る。
これは動脈を圧迫するのが目的。
さらに傷口も直接押さえる。
そして早めに病院に運んで、治療を受けよう。
トレッキングでは地面の凹凸に足をとられてねんざするケースが多い。
また石がゴロゴロと転がる川原や岩場も足をひねりやすい。
足をねんざしたら患部を冷湿布して腫れを抑える。
この時、足を下ろしたままではなく、足を伸ばしたまま高い位置に置いておく。
移動の途中であれば、さらに歩かなければならないため、しばらく安静にしたのちにスポーツ用のテープで、足首をテーピングしておこう。
まず足の甲のつま先に近い部分にテープを巻き付け、次に足首に巻く。
そしてその二つの部分の間を直角にしっかり固定する。
かなり歩きづらいがこれで足首は固定され、治療できる場所までなんとか歩けるはずだ。
もちろんテーピングは治療ではなく、症状を悪化
応希せないための処置であり、早めに治療を受けなければならない。
ひざやひじを打撲した際も同様に、冷湿布のあとテーーピングして、患部を動かさないように処置する。
骨折の可能性があるときはそえ木で固定する。
そえ木が直接肌に当たると痛いので、タオルなどを緩衝材として使う。
木はナタやナイフで凹凸をなくしてフラットにしておく。そしてなるべく緊く病院へ運ぼう。
焚火料理やバーベキューグリルでは慣れないとやけどしやすい。
熱いと思っても無理して持ってしまうことが多く、火の粉が飛んでくることもある。
やけどをしたらすぐに水で冷やすこと。
ジンジンとした痛みがなくなるまで、最低10分以上は流水か氷水で冷やし続けよう。
水ぶくれになったらつぶさないこと。
冷やし終えたら清潔なガーゼで患部を保護し、包帯を軽く巻いておく。
皮膚と衣類がくっついてしまった場合は無理にはがさずにそのまま病院へ行こう。
アウトドアに虫が多いのは当然のこと。
蚊の大群に襲われることもあるし、毒をもっている虫もいる。
虫に刺される前に、長そで長ズボンで肌の露出を避けたり、あるいは事前に虫よけスプレーで体を防御したり、虫に刺されない工夫が必要だ。
虫よけスプいIは持続時間が短いので気をつけたい。
虫は日没前後に行動が活発化するので、特にこの時間帯は要注意。
虫に剌されたら、水でよく洗い流し、軟膏を塗っておく。
厄介なのはスズメバチで、毎年スズメバチに刺されて死に至る事故が後を絶たない。
スズメバチに遭遇してしまったら身を低くして髪の毛を隠す。
ハチは黒い色に反応する習性があるからだ。
刺されたらパニックにならず、冷静に針を技いて一刻も早く病院で治療を受けよう。
▼熱中症
直射日光を長時間浴びると意識がもうろうとして、手足が効かなくなってくる。
これが熱中症で、体温調節がうまくいかなくなって起こる症状だ。
脱水症状を起こしていることが多く、まず木陰など風通しのいい涼しい場所に寝かせ、衣類のボタンを外したり、ベルトを緩めたりして楽にさせる。
そして濡らしたタオルで頭や首のまわり、手足などを冷やし、スポーーツドリンクや水などを多めに飲ませてやる。
塩分の補給も必要だ。体温が下がるまではそばで看病を。熱が40度を超えたらかなりの重症のため一刻も早く病院へ運ばなければならない。
熱射病は炎天下のテントの中など、高温多屋下で起こる症状で、症状は日射病とほぼ同じ。
冷や汗が出るのが特徴で、処置もほぼ同じだが、頭は冷やさないこと。体温が下がり始めると、今度は体温が下がり過ぎるケースがあるため、逆に体を温めるようにする。
フイールドで病気やケガで人が倒れたら、速やかに応急処置を施さなければならない。
応急処置は救急隊員が到着するまでの間、傷病を悪化させないようにするためのもの。
最低限の処置をし、そして余計なことはやらないことが基本だ。消防署や日本赤ト字杜では応急処置法の講習会を各地で開いている。
フイールドで突然倒れた人を目の前にしても、事前の知識や経験がなければうかつに手を出せない。
アウトドアに出る機会が増えるなら、講習会に出席して応急処置の基本をマスターしておきたいものだ。
応急処置では原則的に医薬品は使用しない。そして、応急処置は治療ではなく、あくまでも救急隊員に引き渡すまでの処置にとどめること。
そして生死の判定をしないことだ。
ダイワ、シマノなど有名ブランド勢揃い!

応急処置の手順は、まず現場の状況を観察して、必要なら傷病者を安全で応急処置しやすい場所に移動させる
ことから始まる。傷病者を移動させたら水平に寝かせる。
そして肩を叩いたり、耳元で呼びかけたりして意識の有無を確認する。
この時、体を揺り動かさないこと。意識がない場合は呼吸の有無、そして頚動脈に触れて脈拍の
有無を確認。呼吸も脈拍もあって意識がない場合は、舌が喉に落ち込まないように、あるいは吐腐物で窒息することがないように休を横向きにする。
さらに出血しているケガがないかどうかを確認し、出血しているようなら速やかに止血処置を施す。
呼吸の有無の確認は肺の部分の動き、あるいは呼吸音を開いて判断する。
呼吸がない場合は、ただちに人工呼吸を開始する。
人工呼吸はまず傷病者の頭を後ろに反らし、下あごに手をそえて待ち上げる。
もう一方の手で鼻をつまみ、傷病者の口を覆って静かに2回息を吹き込む。
吹き込んだら再度呼吸の有無を確認し、呼吸が弱いようなら3~5秒にI回のリズムで人工呼吸を続ける。
人工呼吸は呼吸が停止してから2分以内にやらないと、脳が酸欠でダメージを受ける可能性があるため、ほかの人に助けを求める。
アウトドア&スポーツ ナチュラム


●応急処置の基本は?
重度のケガの場合、救急車が来るまでの応急手当が大切になる。
①まず水平に寝かせる。
②耳元で呼びかけたりして意識があるかどう
か確認を。フィッシングツール(全般)の売れ筋ランキング

③もし意識がなければ舌や吐いたものて窒息しないように静かに動かして横向きに寝かせ
④呼吸がない場合はただちに人工呼吸を開始する。呼吸が停止してか分以内に行うことが肝心だ。
意識の確認をする脈拍の確認は手首よりも頚動脈に触れた方がわかりやすい。
脈拍がない場合はただちに心臓マッサージを。傷病者は水平に寝かせ、胸骨下半部に片方の手のつけ根を置く。
そこにもう一つの手を重ね、両ひじを伸ばした状態で胸骨を押し下げ、すぐに力を緩める。
リズムは毎分80~100回が目安
人工呼吸と心臓マッサージの二つの蘇生法の組み合わせは、人工呼吸を2回、そして心臓マッサージを15回行う。
倒れた人はむやみに動かしてはいけない。
せいぜい安全な場所に移動させる程度にとぞめたい。
しかし一刻も早く病院に運ばなければいけないケースもあ傷病者は背負うよりも横に寝かせた状態で運んだ方がいい。
そのときは本の枝で即席の担架を作ろう。
枝は枯れ枝よりも強度のある生木を2本使う。
その2本の枝を、シャツや上着の左右の腕の部分に渡す。
ロープがあれば、2本の枝の間にローープをつないで梯子状にしてもいい。また、
シャツやタオルは多いほど安定する。
即席の担架のためそれほど立派なものは作れない可能性が高く、傷病者を運ぶ際はくれぐれも慎重を期したい。
晴れ渡った空のもとで山歩きを楽しんでいても、山の天気は急変するもの、という原則は忘れてはいけない。
自然の天候のダイナミズムの前では、人はあまりにも無力な存在なのだ。
山の中で、歩行不可能なほどの突然の雨に見舞われたら、岩陰や洞窟などの避難場所を探さなければならない。
しかし避難場所はそう都合よく見つからないものだ。
山の天候は急変しやすいが、その予兆は察知できるはず。
突然風が強まり雲が増える。
霧がわき上がってく
雲の流れが遠くなり、気温が急に下がる、
風向きが急に変わるなど。少しでも天候が崩れそうな兆しを感じたら、早めにレインウエアを着込み、避難場所を探し始めよう。
移動中に、ここはいい避難場所になりそうだという所に
目星をつけておけば、実際に雨が落ちてきたら目星をつけた地点まで戻れる。雨が降り続けば、その避難場所でビバークして夜を明かさなければならない可能性もある。
ビバークを決めたら体温を奪われないように、侍っている衣類を着込んで、タオルなども衣類にはさんで利用しよう。
気温が下がり、さらに体が雨に濡れると、たとえ夏山でも体温が奪われて凍死することもあるのだ。
アウトドア&スポーツ ナチュラム

■落雷に遭遇したら
山での落雷との遭遇はとても危険だ。
山の中で入道雲が発達するのを見かけたら、早めに避難した方がいい。一番安全なのは車の中。
そして一番危険なのは高い木の下。
特に周囲に高いものがない高原で、一つだけポツンと立っている高木は、どうぞここへ落ちて下さいと言っているようなもの。
テントの中も危険で、実際にテントのポールに落雷した例がある。
送電線の鉄塔の下も危ない。
また、雷が鳴り始めたら、傘やピッケル、ストックなどの長いものは持たないようにしよう。


車で危険な動物に出合ったら森の中で怖いのは熊と出合うことだ。さらに毒ヘビ、
そしてスズメバチが、日本の森の危険な生き物ベスト3である。
熊は子連れのときが一番危ない。
遠くからクマを見つけたらすぐにコースを変更して退散しなければならない。
すでにその熊のテリトリーに入ってしまった可能性もある。一番いいのは出合わないこと。
それには熊が出没する可能性のあ・る場所では熊よけの鈴を鳴らしながら歩き、人間がいることを熊にわからせてしまうことだ。
香水の匂いも熊には効果がある。
熊も好んで人間と出合いたくないのだ。
それでも熊に出合ってしまった場合は、絶対に死んだふりはしないこと。
そして背を向けて逃げないこと。背を見せると熊は追いかけてくる習性がある。
熊の目をじっと見つめながら、ゆっくりと後ろ向きに歩いて遠ざかるのが一番いい方法。
熊も人間を見て驚いているはずだ。
困るのは人間の残した残飯などを食べ慣れた熊。
この熊は人間とエサの記憶が結びついて、人間を見たら向かってくる。
そんなときのために熊撃退スプレーを提携して、吹きかける方法もある。
渓流では山ビルに出合いやすい。
気がつくと腕に貼り付いて血を吸っている。
山ビルは小さい割にキバのような吸い目があり、引っ張ってもなかなか離れない。
山ビルはタバJの火かマッチの火を近づければポトリと落ちる。
山ビルが落ちたら止血処理をして、ていねいに消毒しておこう。
毒ヘビに噛まれたら、傷口より心臓に近い部分をきつく縛り、血流の流れを止めて傷口から毒を吸い出しすぐに吐き出す。
これを繰り返し、すぐに病院に行って血清治療を受けよう。
毒を吸い出した人の口の中に傷や虫歯があると、その人にも毒がまわるので注意が必要。
その場合は傷口の上を縛ってから一刻も早く病院に運ぼう。まず吸い出してしまう
アウトドア&スポーツ ナチュラム


楽天から探す→フィシング アクセサリーのショッピング
ネットから探す→フィッシングツール(全般)の売れ筋ランキング

アウトドアフィシングの楽しみ アウトドア用品 [アウトドア]

[アウトドア用品 フィシングの楽しみ]
■フィッシング

アウトドアでプレイとグルメが同時に楽しめるのがフイッシング。
ルアーとフライの普及で、フイッシングの愛好者はチビッJから活きエサが苦手な女性まで幅広く広がり、釣りにゲーム的なおもしろさが加わった。
水辺でのんびり釣り糸を垂れる風景は昔のこと。
海で、川で湖で、水の流れや魚の動きを読んでロッドを振る。
魚との緊張感あふれる勝負は、まさにスポーツだ。
フラットフィッシュ/海釣り

●渓流
渓流とは川の上流域の流れが急なところ。
川を遡行するほど水は澄み、森は深くなる。渓流で狙うのは釣人を魅了してやまないイワナとヤマメだ。
日本の淡水魚で標高の高い流域に棲むのがイワナで、ヤマメはイワナより下流域に生息する。
ヤマメは酒匂川を境に、西日本ではアマゴと名を変える。
天然の渓池魚となると現在はなかなか釣ることができないが、漁協が河川に放流しているところが多く、放流直後を狙えばビギナーでも釣れる確率が高い。
渓流魚は年々減少しており、ベテランでも釣るのは難しい。
キャンプの食材として狙うなら、自然の渓流を利用した管理釣り場がおすすめだ。
タックルからツール、本、DVDまで何でも揃う♪

▼湖で
標高の高い湖やダム湖ではニジマス、ブラウントラウト、カワマスなどが釣れる。
定期的にトラウト類を放流している湖も多く、北海道の阿寒湖はヒメマスの原産地として知られている。
トラウト類は昧がよく、料理の食材としてさまざまなメニューに使えるため、キャンプの良材用に釣り上げたい淡水魚だ。
標高の低い湖ではゲームフイッシングの代表格・ブラックバスがいる。
近年標高の高い湖沼でもブラックバスの繁殖が確認され、他の渓流魚を食い荒して生態系を乱しているという理由で問題になっている。

▼海で
 海で釣れる魚は多種多彩。
釣りやすいのは漁港の堤防で、岩場、テトラ、河口など、魚が集まる要素が凝縮されている。
テトラブロックの前ではアジ、メバル、ボラ、クロダイなど。
また、砂地ではキス、カレイ、ハゼ、ヒラメなど。
各地にある海釣り公園ではいンタル用品がそろっており、手ぶらで海釣りが楽しめる。
アウトドア&スポーツ ナチュラム

■ルアーフィシング

ルアーは木や金属、ブラスチックで作った擬似餌バリのこと。
このルアーに、釣りざおのロッド、釣糸のライン、そのラインを巻き上げるりールがあればOK。
活きエサを使う必要がないため、車に一式積み込んでおけばいつでもどこでも釣りが楽しめる気軽さが魅力だ。
釣具店には色も形もさまざまなルアーがたくさん並んでいる。お買い得な釣具は…

数えきれないほどのルアーも、大きく分けると7種類に分類できる。
トラウト釣りに多用されるスプーンや、小魚に似せたプラグ、活きエサに近いソフトルアーなど、ルアーは種類ごとに特性がある。
どれを選ぶかは、パッケージに対象魚が表示されているのでそれほど悩む必要はない。
釣りの回数を重ね、釣果が増えるごと気に入りのルアーも増えていく。
リールは扱いやすいスピニングリールと、ブラックバスなどの大物狙いのベイトリールの2種類。
渓流魚を狙う場合やビギナーは投げやすいスピニングリールがおすすめだ。
ロッドはスピニングリール用とベイトリール用に分かれ、対象魚によって重量や強度、長さにも違いがある。
ラインの太さはロッドに適正値が表示されている
ため、ロッドに合ったラインを選ぶ。
 基本動作は川に向かってロッドを振って、ルアーが着水したらりIルで巻き取る。
この動作の繰り返しで、さほど難しい技術でもない。
慣れてきたら着水ポイントを狙ってキャストしてみよう。
そしてりールで巻き取る際にルアーの動きに注意。
ルアーがまるで生きているように見せるため、強弱をつけて巻き取るのがJツだ。
ルアーに魚が食いついたときのブルブルっとした手ごたえを感じたら、ルでIIフィッシングはきっと一生の趣昧になるに違いない。
フローター、ボートからウェアにボックスまで何でも揃う♪

■フライフィッシング
人里離れた山あいの渓流で、釣人がフライラインを無心に繰り出す。
釣人の姿は優雅で、まるで自然と同化しているかのよう。
そんな釣りのスタイルが人々の心をとらえ、フライフィッシングの愛好者は年々増えている。
かつては難しいとされたフライフィッシングだが、道旦ハの進歩もあって誰でも楽しめる釣りになった。
フライとは昆虫に似せた毛鈎のこと。
ルアーと違うのは、軽いフライを狙った地点に飛ばすために、太く重いラインをムチのように使うことだ。
ルアーはロッドを1回振るだけだが、フライフィッシングは狙った場所までの距離を測りながらロッドを2度3度と振る。
ちょうど時計の10時と2時の間でロッドを振って、頭上できれいなル-プを作るのである。
ロッドのしなりを利用するなめ、腕力はそれほど必要でない。
初めての挑戦で渓流に出るより、フライラインがきれいな弧を描けるようになるまで管理釣り場などで練習した方がいい。
フライラインが本の枝に引っ掛かったりすると厄介だ。
フライフィッシングに必要な道具は、ロッド、フライライン、フライラインの先に結ぶりIダーとティペット、そしてりール。
ロッドも渓流用、湖用などさまざまな種類がある。
フライマンなら専用のフライベストも身に付けたい。
釣具店にはさまざまなフライが置いてあるが、狙う魚がどんな昆虫をエサにしているのかの知識も必要こ釣具  ヽ店でアドバイスを受けながら、フライを数種類用意しておきたい。
フライフィッシングに凝り始めると、フライを自分で作る「フライタイイング」もやりたくなる。自分で作ったフライに渓流魚が食いつくのは、フライマンとしてこの上ない喜びの瞬間だ。
アウトドア&スポーツ ナチュラム


[アウトドア用品 フィシングの楽しみ]http://jinbei.xsrv.jp/mts/mt-tb.cgi/5
楽天から探す→アウトドア・ステックのショッピング
ネットから探す→海釣り公園でファミリーフィッシングを楽しもう!
       →アウトドア用品アウトドア情報館にようこそ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。