So-net無料ブログ作成
検索選択
グルメ・料理 ブログトップ

お酒,築地市場 産直品 | お酒とグルメの雑学/築地市場ドットコム [グルメ・料理]


▼築地市場ドットコム▼
2_28

2014_2_28


築地市場に入荷する旬のフルーツ&海鮮品から、目利き人が選んだイチオシ品をご紹介。 築地市場のプロが唸る幻の逸品から、超お値打ちの訳あり品まで、掘り出し物がザクザク!全国各地へ宅急便でお届けします。
[お酒とグルメの雑学]

・【賞味期限】「卵・牛乳・レトルト食品・缶詰」など、比較的傷みにくいものに表記。要は、おいしく食べられる期限です。

・ラーメンの具に入れたり、細切りにして素麺のトッピングにしたり、日にちがたって少々硬くなれば炒飯の具にしたり、・・・冷蔵庫にあるとなかなか重宝な一品です。

ワインには賞味期限の表示がありません。

・昔、日本酒は大樽から量り売りされていましたが、手間と品質の問題から、明治11年、瓶詰の日本酒が登場しました。

・生一本(きいっぽん)=純米酒で自社蔵(単一の製造場)でのみ醸造したお酒

・白→赤、辛口→甘口、軽いタイプ→コクのあるタイプというのが、おいしく飲むための基本的なルールです。

・酒はビタミンやミネラルを破壊します。また、肝臓など、内臓を疲弊させるので肌の再生や代謝機能が弱まるため老化が早いです。

・ペプシコーラは、胃腸薬を作っているときに偶然生まれました。

・キリストが「パンは我が肉、ワインは我が血」という言葉を残したのは有名な話

・マーガリン、ショートニング、などに多く含まれるトランス脂肪酸を摂取すると老化スピードが早まるという動物実験の結果がある。


詳細はこちらのサイトへ
↓  ↓  ↓

[お酒とグルメの雑学]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お酒買取 | お酒とグルメの雑学/お酒買取専門店ファイブニーズ [グルメ・料理]



▼お酒買取専門店ファイブニーズ▼

2014_3_11


全国対応の宅配買取、関東近郊の出張買取、当店へお持込頂く店頭買取など3つの方法にて高価買取をお約束します。
[お酒とグルメの雑学]

・原酒=日本酒は、アルコール度数を調整するために、醪(もろみ)を搾った後に水を加えますが、この加水を行わないお酒のことを原酒といいます。

・お酒に強い人は、血中のアルコール濃度の上がり方が低く、弱い人は上がり方が高いといわれています。

・のし紙も、赤い書き文字で「のし」と印刷してあったり、あるいはノシアワビのなごりである長い紙だけのわびしいものになったが、アワビは高価だけにいたしかたないだろう。

・酸度=酒の中の有機酸(乳酸、コハク酸、リンゴ酸など)の量を示します。一般に旨味や酸味として感じます。

・ガスでカツオを焼くときも、最大限の火でできるだけ一気に焼くように。直火で皮のついている面だけを、皮全体に焦げめがつくくらいまで焼きあげましょう。

・べた塩・ 脂肪分が多く、生臭みの強い青魚にあう方法で、しめサバなどに使う。

・いわしのソテーのコツ 「よく熱したフライパンに油を多めにして焼く」いわしは皮が破れやすいので、そのまま焼くのは無理です

・祝儀などで祝い金を包む紙をのし袋、贈り物などの上にかける紙をのし紙というが、この「のし」というのは、「ノシアワビ(熨斗飽)」あるいはアワビノシのことである。

・ 生きたあさりの保存法、半日くらいの保存の場合は塩水で。ボウルにあさりとひたひたになるくらいの塩水を入れて、砂抜きをながら冷暗所で保存。夏は冷蔵庫の温度が高めのところに入れるようにします

・生きたあさりの保存法、ボールにあさりとひたひたになるくらいの塩水を入れて放置し、砂抜きをしますあさりを取り出しびしょびしょにぬらした新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します


詳細はこちらのサイトへ
↓  ↓  ↓

[お酒とグルメの雑学]


グルメ・料理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。